熊本市動植物園

(クマモトシドウショクブツエン)

熊本市動植物園について
 熊本市動植物園は、市内中心部からほど近い、市民のオアシス・江津湖のほとりにあります。総面積24.5ヘクタールの園内には約120種・800頭の動物と約800種・5万点の植物が訪れる人の心をいやしてくれます。
動物園側正面を入ると、まず人なつこいサルたちが歓迎してくれます。さらに進むとトラ、ゾウ、キリンなど子供たちに人気のたくさんの動物たちに出会えます。中でも「金絲猴(キンシコウ)」は、「孫悟空」のモデルともいわれ、その金色の毛並みの美しさは格別です。また、「動物資料館」では、動物のことを楽しく学ぶことができます。

「見る・触る・遊ぶ」感覚を育む動物ゾーン
 2005年4月にオープンした動物ふれあい広場『タッチ愛ランド』は、アメリカ西部をイメージした遊び体験ゾーンとふれあい体験ゾーンがあり、子供たちの「見る・触る・遊ぶ」という感覚を育むための施設となっています。

四季折々の花々を楽しめる植物ゾーン
 植物ゾーンには、日本庭園や樹木見本園などがあり、四季折々の花を楽しむことができます。また、植物ゾーン正面の「花の休憩所」には大温室や洋らん室などを備え、熱帯・亜熱帯植物を展示しており、一年を通じて花と緑に触れ合うことができます。緑化の拠点として「緑の相談所」を開設し、花と緑に関する相談や指導も行っています。

家族みんなで楽しめる遊園地ゾーン
 併設されている遊園地ゾーンには、大型11種、小型40台の遊器具が整備され、若者に人気の“ディスク・オー”などのほか、小さい子供やお年寄りには、モノレールや観覧車がおすすめです。料金も10円から300円と家族みんなで楽しめます。

ジャンル 文化・社会教育施設
TEL

096-368-4416

住所

熊本県熊本市東区健軍5-14-2

アクセス

■市電利用の場合
 【乗車】「健軍行」乗車
 【下車】「動植物園入口」下車、徒歩10分

■バス利用の場合 交通センターから動物園側(正門)へ
 【乗車】19番のりば
     「秋津小楠記念会館(県庁経由)行」
     「若葉小学校(県庁経由)行」 約35分
 【下車】「動植物園前」下車、徒歩2分
■バス利用の場合 交通センターから植物園側(西門)へ
 【乗車】19番のりば 「イオン熊本・城南・甲佐行」 約35分
 【下車】「動植物園西口」下車、徒歩1分
■バス利用の場合 上熊本駅から植物園側(西門)へ
 【乗車】「動植物園西口行」乗車
 【下車】終点下車、徒歩1分

■自家用車利用の場合
 熊本ICから国道57号線(東バイパス)を県庁方面に
◆市民病院から左折し約800m、2つ目の信号を右折→動物園側入口
◇市民病院から斜め左方向県道236号線を画図橋方面へ600m→植物側入口

 駐車場 平日:無料
     土日祝日:有料
     1台1回につき、軽・普通・中型自動車 200円
     大型自動車(定員30名以上) 1,000円
 収容台数  普通車1,225台、バス58台

※土・日・祝日は混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

営業時間

9:00~17:00(入園は16:30まで)

定休日 ■毎月の月曜日
  ただし、第4月曜日は開園し、翌日が休園(祝日の場合、次の平日)
 ■年末年始(12月30日~1月1日)
平均予算

大人・高校生:300円
中学生・小学生:100円
幼児:無料
熊本市内の小・中学生:無料(名札や生徒手帳持参)

駐車場

有 (普通車1,225台、バス58台)

ホームページ

http://www.ezooko.jp/

コメント